アレルギー性鼻炎のレーザー治療(治療・手術)

いよいよ始まる「スギ花粉舌下免疫療法」

原 理

本来、細菌やウイルスといった外敵が体内に入り込んだときに、体を守るために働く免疫系が勘違いを起こすのがアレルギー反応であり、本来外敵でも何でもないアレルゲンが体の中に入ったときに免疫系が外敵と勘違いして反応が起こってしまうのです。
この勘違いを直すために、微量のアレルゲンを体内に入れます。大変少ない量のアレルゲンに接触したときには、免疫系は「外敵」と思わずにいます。そこでしばらくしてから、もう少しだけ増量してアレルゲンを体内に入れます。そのときも免疫系は外敵とは認識しません。徐々に慣らすように繰り返すことによってアレルギーの発生をおさえる治療法です。

方 法

シダレイン(鳥居薬品)から舌下用のエキス剤が販売されます。
家庭で舌の下に目薬のように垂らして2分間待ち、そのまま飲み込むだけです。
※スギ花粉の飛散時期は休憩です

適 応

12歳以上のスギ花粉で根治を期待する場合、重篤で内服が効きにくい方など。

適応にならない場合

  • 心臓の薬であるβ阻害剤使用中の人
  • 不安定な気管支ぜんそく
  • 抗がん剤を使用中、ステロイド剤を使用中
  • 妊娠中や妊娠予定の人
  • 自己免疫疾患、膠原病の人

効 果

有効率は約7~8割とされています。
1割は無症状に5割は症状が半減、2割は軽く感じ、2割は不変。

注意点

  • 最低2年間(できれば3年)続ける必要がある
  • 最初の1年間は2週毎に通院2年目からは1か月毎に通院できること
  • 効果の無い場合もあることを理解する必要
  • 舌、口腔内のしびれや、むくみのでる副作用が少しある
  • まれにアナフィラキシー(全身に対しての反応)も報告されている
2~3年かかる治療ですので、よくご検討いただきご連絡をお願いいたします。

子どもの病気

  • 急性中耳炎
  • 蓄膿症
  • 滲出性中耳炎
  • 小児ぜんそくのお母様へ